相談・指導

企業の技術的課題に関するご相談を受け、解決に向けた指導を行います。

一般的な技術指導が必要なとき

工業試験場での面談や電話などで指導を行います。(無料)

さまざまな技術課題に対して、工業試験場の研究職員が、場内での面談、電話、FAX、Eメールなどで指導を行います。

現地で指導を行います。(無料)

工業試験場の研究職員が、県内の各産地や工業団地、あるいは個々の企業を訪問して技術指導を行います。

中長期的な技術指導が必要なとき

新製品開発における技術的課題の解決や、研究成果を企業に技術移転するためのフォローアップ支援を行います。(有料)外部専門家の指導を仰ぐ場合には、謝金と旅費の1/3を負担していただきます。

●研究員等派遣指導

企業の技術的課題を解決するために、工業試験場の研究員や外部専門家が企業を訪問して支援を行います。

実施要領(PDF:149KB) 依頼書(PDF:71KB) 依頼書(WORD:37KB)

●技術移転フォローアップ推進指導

工業試験場の研究成果を技術移転し、企業の新製品開発を促進するために、工業試験場の職員や外部専門家が企業を訪問してフォローアップ支援を行います。

実施要領(PDF:146KB) 依頼書(PDF:73KB) 依頼書(WORD:37KB)

繊維に関する欠点を調べたいとき

これまでに工業試験場が解析してきた繊維製品の欠点事例をデータベースにしています。
企業の方がご自身で調べることができますのでご利用ください。

せんい欠点データベース

  • 工業試験場をはじめてご利用の方へ
  • お問い合わせ(直通電話番号案内)
  • 主要機器一覧
  • 研究成果
  • 産総研中部センター
  • 競輪オフィシャルサイト
  • RING!RING!プロジェクト
  • 設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。